宝当神社(佐賀・高島)情報サイト

宝当神社 アクセス > 車

いざ宝当神社へ車で行こう!

宝くじを当てたい人は、お買い物や通勤通学の途中の「ついで」に購入される方も多いようですが、実はこれ、当たる運を逃す買い方なんだそうですよ。

宝くじを当てたいなら、いえ例え自分で数字が選べるロトだったとしても、くじを買うために家を出て、売り場まで真っ直ぐ向かい、くじを手に入れたら直帰すると良いのだそうです。

わざわざ宝くじを買うために。わざわざロトを買うために。その行為が、運やツキを味方につけるでしょうね。いわば、宝くじを買うお作法でしょうか。

宝当神社に行くのも、本来であれば「宝くじ当選祈願のために」スケジュールを調整して行くと良いのでしょうが、飛行機や新幹線を使って佐賀県まで来る遠方の方は、なかなか「宝当神社の為に行って、直帰する」ことは難しいでしょうか。

だったら佐賀市内でも福岡市内でも、もしくは熊本の温泉にでもお宿を取って、そこから「わざわざ宝当神社まで」祈願をしに出向かれると良いかもしれません。

近隣の県から宝当神社までお越しになるなら、やはりアクセスとしては車を利用する方が多いでしょう。ここでは、宝当神社まで車を使ってお越しになる方のために、アクセス方法をお教えいたしますね。

まずアクセス方法として車を選んだ方に目指していただきたいのは、何と言っても唐津城。唐津城にある駐車場と、海上タクシー乗り場が隣り合わせだからなんです。

それに宝当神社までのアクセスが車の場合、唐津市内の標識も唐津城のものが多いので、迷うリスクは減るんですよ。唐津城は近県でも有名な観光スポットですし、大きなお城が目印になりますので目指しやすいのではないでしょうか。

高速道路を利用される場合は、宝当神社まで福岡方面からアクセスされる場合、福岡都市高速の福岡ICや太宰府ICから福重まで走ります。料金は600円。土日はETC利用で若干安くなりますよ。

次に車をアクセス方法に選ばれた方は、福岡前原有料道路を利用しましょう。拾六町から東前原まで普通車350円、軽自動車だとそれより100円お安く走れます。

次は、二丈浜有料道路。通称かもめロードです。前原から浜玉まで走らせましょう。気持ちの良い眺めで、ドライブをするだけでも心うきうき。良運が舞い込んできそうな気分になります。

二丈浜有料道路から降りたら、347号線に入ってください。347号線、通称唐津街道に乗ると虹ノ松原の中に入りますので、そのまま直進します。進んでいくと、唐津城が見えますよ。これで、着いたも同然!

アクセスに車を利用された場合、駐車場がどこにあるのかがポイントになりますよね。

唐津城の手前に橋がありますが、そこを渡ると駐車場が左手に見えるはず。そこに車を止めて、海上タクシー乗り場まで行ってください。駐車場のすぐ目の前に船着き場があるので、拍子抜けするほどあっという間に宝当島まで行けちゃいます。

そうそう、既に購入した宝くじを持参した方は、車に置き忘れないように気をつけてくださいね!